スラッグ変更

こんにちは、大地です。

日本語URLって日本語表示される分には問題ないんですが、

サーチコンソールとかで表示されたときとか、

リンク貼ろうとしたときとかってわけのわからん英数字に変換されますよね。

ほとんど%と半角数字の羅列です…。しかもやたら長くなるし…。

正直管理者でも「これって何の記事やねん!」ってなってしまいます。

そこで今回はそんな日本語URLをスッキリと半角英数字にする方法を解説しちゃいます。

スラッグを設定するとスッキリしたURLが出来上がる

スラッグって何?的な質問はコチラを見てもらうとスッキリします。

で、私も実際にそのサイトみてやってみました。

が、「ちょっとつまづいたぞ!」ってとこがあったのでそこんとこをこの記事で解説していきたいと思います。

 

ちなみに変更前のダッセェURLがコレ↓

日本語URL

ブログURL

 

パーマリンクのつくりと対応させてみていく

パーマリンク

 

パーマリンクってのは、ようはURLのことです。

で、Word Pressではこれを自由に設定できるんですね。

 

私の場合、パーマリンク設定は一番下の『カスタム構造』に設定しています。

このカスタム構造だとサイトのメインURLの後ろに『/%category%/%postname%』ってのがついてます。

この『カテゴリ』だったり、『ポストネーム』を日本語で表記しているとアホみたいに長いURLができてしまいます。

ちなみに自分で設定してないと日本語表記でアホなのができます。

 

私はこれまで散々アホの子でしたよ!

 

いざ、URLを変更していく

だから「この『カテゴリ』と『ポストネーム』のURLを自分で設定しよう!」ってのが今回の目的です。

で、再びコチラのサイトを見て進めていく、と。

 

まず最初に記事投稿画面で説明が始まっています。

なので、ここで設定できるのは『ポストネーム』

URLの一番最後の部分が変更できます。

 

で、どんな風に入力すればいいかというと、

記事タイトルに関連する語句を英語で入力するとカッコいいです。

まぁこの記事の場合はスラッグの設定なので、『slug-setting』と例と同じなのがつまらないんですが…。

ここらへんも参考記事に記載があるので、参考にしてください。

 

考えるのが面倒な場合は数字でもいいと思います。

『0001』とかにしとけば、同じカテゴリの残りは『0002』とか『0003』とかにできるので。

 

続いては、『カテゴリ』のスラッグの変更

こちらは参考記事の通りにやっていけば問題ないかと。

 

で、一通りできたカッコいいURLがコチラ↓

半角英数字URL

なんともスタイリッシュなURLに仕上がりました!

 

まとめ

URLなんて勝手につくから設定しなくても大丈夫~

と思いがちですが、長いといろいろ不便です。

人のブログにリンク張ってもらうにも「いやいや長すぎでしょ?」ってなりますし。

そもそも日本語を英数字に変換しても効果ないし…

ってことでどうせだったら意味のある文字列に変えちゃいましょう。

というのが、このスラッグの変更方法でした!

是非お試しあれ。