こんばんは、大地です。

記事に目次を挿入したい!

でも作り方が分からない!

そんな人のために オススメのプラグイン がありますよ!

Table of Contents Plus

その名も「Table of Contents Plus」

名前の通り 目次を作ってくれるプラグイン です。

 

このプラグインさえあればすべての記事に望み通りの目次を作成することができます。

例えばこんな感じの目次が出来上がります。

 

目次

 

これは私の前記事で実際に作成した目次です。

こんな感じの目次をいとも簡単に作ってくれるのがTable of Contents Plusです。

 

目次があるのとないのとでは読者に伝わる情報量も変わってきます。

目次を作成するのは人次第ですが、私はあった方が親切だと思うので導入しました。

 

TOC+の導入方法

1. プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒ 検索「Table of Contents Plus」 ⇒ 「今すぐインストール」

 

TOC+ 1

 

2. プラグイン ⇒ インストール済みプラグイン ⇒ Table of Contents Plusを「有効化」

 

 

TOC+ 2

 

以上でTable of Contents Plusの導入は完了です♪

続いて、表示設定を行っていきます

 

TOC+の表示設定をしていこう!

1. プラグイン ⇒ インストール済みプラグイン ⇒ Table of Contents Plusの設定をクリック

 

TOC+ 3

 

2. 基本設定を行います

 

TOC+ 4

 

表示条件を変える

画像では4つ以上見出しがある場合に目次が作成されます。

数字の隣の矢印をクリックすると、数を変えることができます。

 

ちなみに最低2つ以上の見出しがないと目次は作成されません。

見出しが2つ以上ない場合は、記事のボリュームを増やすか、内容を見直しましょう。

もしくはその記事だけ目次が表示されないというのもアリかもしれません。

 

自動挿入タイプの決定

挿入する記事タイプを選択します。

今回は各記事レベルで目次を作成していくので、チェックを

 

『page』から『post に変更します

 

すると各記事レベルで目次が作成されるようになります。

ここの変更をしておかないといつまでたっても記事に目次が表示されません。

 

注意して下さい。

もし表示されない場合はここをチェックすること。

 

見出しテキストを変える

見出しテキストを変えましょう。

赤枠内の英語の部分を日本語に直すのがオススメです。

 

今時の方は一般的に学もあるので、英語でも問題なく通じるとは思います。

また英語の方がカッコいいので、そのままにしておきたくなります。

 

しかし、母国語の方が伝わりやすいので私は変更しました。

例に表示されているものが無難です。

 

3. 外観の設定

続いて外観の設定に移ります。

ここでは実際の表示をいじることができます。

しかし、ここの外観は初期設定のままで問題ありません。

 

TOC+ 5

 

もしも目次部分の大きさを変えたければ、横幅から変えることができます。

背景画像を変えたいのであれば、プレゼンテーションのカスタムから変えられます。

 

以上で設定は終了です。

最後に 「変更を保存」をクリック して作業終了です。

 

※再び設定を変更したくなったら…

ダッシュボードのサイドバー「設定」 ⇒ TOC+ で設定変更ができます

 

TOC+ 6

 

まとめ

今回は目次が作れるプラグイン「Table of Contents Plus」の導入方法および設定方法を解説しました。

一度この設定をしておけば、記事ごとに再設定する必要はありません。

すべてこの設定が反映されて目次ができます。