こんばんは、大地です。

世の中には大きく分けて2種類の人がいます。

「自分の夢を叶えることが出来る人」と「自分の夢を叶えられない人」です。

世間的に言えば「成功している人」と「成功してない人」です。

両者の違いは何でしょうか?

ちょいと両者の違いを考えてみてはもらえないだろうか

前提条件を1つ、どちらも日々一生懸命生活しているものとしましょう。

 

元々の生まれ(家の都合)

まずは「元々の生まれに問題があるのではないか?」と思ったアナタ。

確かに成功している人間の元に生まれれば、成功の仕方を教わることができますね。

 

でも芸能人なんかで言えば分かりやすいと思いますが、2世芸能人って成功してますか?

あんまり成功しているイメージないです。

だから成功するのは家柄ってのは必ずしも共通することではないんです。

 

そもそも今のご時世に生まれで成功が決められたら大変な差別事案ですよ?

親がフリーターでも子供は一流企業に入れますからね。

関係ないんです。

 

受けてきた教育

続いては「受けてきた教育に違いがあるんじゃないか?」と思ったアナタ。

言いたいことはよく分かります。

 

近年学歴社会がより顕著になっているように感じます。

テレビを点けると、ゴールデンタイムによくクイズ番組やってますよね。

するといつも活躍しているのは有名大学の出身者です。

テレビ側のセッティングのせいでもあるんですが…。

 

勉強できる人=頭いい=夢を叶えている ってイメージがあるかもしれません。

少なからず何らかの影響を与えていることは考えられますが、残念ながらこれも共通点とは違います。

 

これがホントだったら有名大学出ていなければ成功できないってことになります。

そういう価値観もありですけどね。

 

両者の違いは『考え方』

 

総じて成功している人とそうでない人とでは考え方がまったく違います

例え置かれている環境は同じでもマインド一つで、状況は天と地ほどに差がでます。

そこで今回は成功している人の考え方を一つ紹介します。

 

成功に必須な最強の思考法『逆算の思考』

 

一つ実例として日本代表のサッカー選手の本田圭佑選手の話を取り上げます。

有名なのでアナタも知っているかもしれません。

 

彼は小学校の卒業文集で『世界一のサッカー選手になること』を目標として書いていました。

同時に『セリエA(イタリアのサッカーチーム)の10番で活躍すること』を夢として挙げています。

そして彼はそうなるために『一生懸命サッカーの練習をする』ことを誓っています。

世界一のサッカー選手になるために世界一練習しようというわけです。

 

彼のこの考え方が『逆算の思考法』です。

ある目標を掲げて、どうすればそこへ到達できるのかを考え、今自分が置かれている状況へ繋げる。

これを行うには実際に紙に書き出すとより効果が上がります。

必ず紙に書きましょう。

 

アナタの成功を逆算してみる

逆算の思考法は3つのステップから成り立ちます。

  • ゴールのイメージ
  • 現状の把握
  • 達成のための手段の模索

 

成功する人は必ずゴールのイメージがある

ますはゴールのイメージをすることから始めます。

で、どんな風にイメージすればいいかというと、この質問をしてみます。

 

「ゴールに辿り着いた先でアナタは何がしたいのか?」

 

目指したゴールを想像するために、到達した自分が何をしたいかを考えてみましょう。

 

例えばアフィリエイトで月収100万円を稼ぐことが目標だとしましょう。

では月収100万円を稼いでアナタは何がしたいですか?

誰かに自慢しますか?

それもいいかもしれませんね♪

 

もしくは「どんな日常を送っていたいですか?」

そんなことを考えてみるのも楽しいと思います。

できるだけ具体的に書き出してみてください。

具体的であればあるほど実現可能性は上がります。

くじけそうになったときにその様子を思い浮かべるんです。

そうすればまた頑張れるようになりますよ。

 

現状を正確に知ることが成功への近道

続いて現状の把握です。

現状で『できること』と『できないこと』の区別をします。

 

例えば上記のアフィリエイトで月収100万円が目標の場合。

PCの『初歩的な操作はできる』けど、『HTMLとかブログレイアウトのいじり方』はよく分からない。

『ブログは書ける』けど、『画像の編集』ができない。

キーワードは『見つけられる』けど、キーワードを『活かした記事が書けない』。

などなど思いつく限り書きましょう。

 

ここでポイントは、できることも書くことです。

大事なのは当然できないことの方ですが、最初の内はできないことが山のようにあります。

そんな時にできないことばかり書いていたら、大抵の場合「私って何にもできないじゃん…」となってしまいます。

 

そうならないためにもできることも書いていきましょう。

続けていくうちにだんだんとできることは増えていきます。

 

安心してください。

最初は誰しも何もできません。

 

思い出してください。

アナタは生まれた瞬間から言葉を話せましたか?

違いますよね?

周りの真似をして知らず知らずのうちに話せるようになったはずです。

人は必要に駆られれば大抵のことは無意識にできるようになります。

 

目標達成のためのルートが複数あることを知る

最後は『現状』と『目標』を結ぶルートを考えます。

 

目標も現状も人それぞれ違います。

ゆえに辿り着くためのルートも異なります。

しかしなぜか勘違いしてしまいます。

みんな誰かの通ったルートを通ろうとします。

 

まぁ考えてみればそれが一番簡単ですもんね。

でも誰かの通ったルートが本当にアナタに合うんでしょうか?

 

この思考法はしばしば登山に例えられます。

目標が山頂、現状がスタート地点です。

このスタート地点はみんな違います。

 

1000 mの山を登りたいとして、

800 mまでバスとロープウェイで行く人

500 mまでバスで行ってそこからスタートする人

0 mから地道に歩いていく人

みんなスタートは違います。

 

当然ながら登るルートも違います。

800 mから行った人は、その後断崖絶壁を上ったかもしれません。

でも500 mの人は断崖絶壁を迂回した道を行ったかもしれません。

もしかしたら0 mから進んだ人はもっと楽に登ったかもしれません。

 

同じ1000 mの山登るにしても登り方は人それぞれです。

でも、誰かの通ったルートでも使えることがあります。

それはチェックポイントです。

 

0 mの人ならひとまず500 mのバス停、次に800 mのロープウェイというように目印を持っておけばいいんです。

ゴールが同じなら誰かが通った道でも目印は使えます。

で、この目印の役割を果たすのはやはり教材ではないでしょうか?

多くの人が使った教材なら、やり方は多少違っても同じ目的地にたどり着けるはずです。

 

ただ言いたいのは「教材買いましょう!」ではなくて、「達成するための道はいくらでもあるよ」ということです。

その最も簡単な方法が教材の購入であるというだけ。

0からアナタが情報を拾い集めて稼いでいくこともできます。

それも目標達成のためのルートの1つです。

 

まとめ

今回は成功する人が持っている思考法『逆算の思考』を紹介しました。

これはビジネスマンにとって必携のマインドです。

 

アフィリエイトもビジネスです。

当然ながら知っていたいマインドですね。

ぜひとも身に着けてください。

 

ちなみにですが今回例で用いた本田選手はACミラン(イタリアのサッカーチーム)に所属しています。

これについて彼は「心のリトルホンダに聞いたらミランでプレーしたいと言った」、「夢が一つ叶いました」とコメントしました。

所属チームは違っても世界一の選手には着々と近づいているようです。