こんばんは、大地です。

今回のテーマは「個性」とかいうオリジナリティについて。

必要だとか必要じゃないとか意見がいろいろありますよね。

そこんところをちょっとつついてみます(笑)

アフィリエイトをするのに個性は必要か?

アンリミには「必ずしも必要ない。下手をすれば破滅を招く。」って書いてあるんですよ(笑)

 

でも!でもね?

個性的なブログとかサイトってついつい見たくなりませんか?

コンテンツの配置がどうとかじゃなくて

単純に「この人どういう記事を書くのかな?」って

 

で、読んでいくうちに

「コイツ面白いな!」とか「カッコいいな!」とか、はたまた「可愛いな!」とかありません?

もちろん画像じゃなくてね。

 

そこに書いてある『言葉』に、興味湧きません?

 

 

そこから人の雰囲気って何となく分かりますよね。

もちろん嘘かもしれないし、見せかけかもしれない。

でもそんなの本人にしかわからないし、見てるアナタは

 

「それすらもできないんだよ!」

 

って感じでちょっとうらやましくないですか?

 

個性のない側からすれば、

 

「あぁ俺もこんな記事書きたいな」

 

「こんな自由に情報発信したいな」

 

とか思いますよね

 

ところで個性とは何だろう?

 

得体の知れないものを取り扱うのはひどく怖いものです(笑)

そこで個性を丸裸にしてやりたい。

 

教えて、Wikipedia!!!

デデン♪

 

個性とは…

 

・日本では往々にして肯定的な意味で用いられるが、本来は存在する上での差異を指しているだけに、必ずしも有益であったりするものばかりではない。

 

・広義では工業製品などの大量生産品であっても、他社製品とは違う機能やデザインをしている事を指して個性的であると表現する事もある。~中略~シンプルで余計な付加価値を持たない製品が、近年の多機能化傾向の強い風潮の中で、逆に個性的とされる皮肉な逆転現象も起こっている。

※Wikipedia 個性 より、一部抜粋引用しました。

 

とのことです。

 

2個目の文章の後半なんか、まさしく現代人らしいと思いません?(笑)

素晴らしいものを見て、「マジで神!!」

とんでもないものを見て、「逆に神じゃん……。」

結局のところ単なる「違い」なんですよ。

 

ちょっと違うところを出せれば、それが個性として受け入れてもらえるんです。

でも、世の中そんなに優しくないよね( ;∀;)

 

どうすればアナタは個性的になれるのか?

そこで最後に考えたいことは、「どうすれば個性的になれるのか?」ですよね。

 

 

アナタは

「この人の文章面白いな」

「こんな風に自由に情報発信したい」

ってところにたどり着きたいんです。

 

あとはそのためにどうすればいいのかを話していきますね。

まず重要なことは、「誰もアナタの記事をそこまで読んでいない」ってこと。

 

こんなこというと、

「やめて!私のライフはもう0よ!」

「好き勝手言いやがってこのヤロウ!(# ゚Д゚)」

と思うかもしれませんが、まぁまぁ落ち着いて。

 

始めたばっかりで読者がいないサイトの特徴ですが、

真剣に記事は書いてるけど、全然反応がない。

アクセス解析入れてるけど、アクセス自体ほとんどない。

 

だったら!!!

何やったっていいじゃない???

 

 

当然法に背いたことでなければね!

 

 

そこで私から1つ提案。

 

心の声を聞いてみましょう

 

変な宗教じゃないですよ?(# ゚Д゚)

 

真面目な話です。

アナタはホントに今のスタイルで情報発信をしたいんですか?

少なくともそのスタイルが嫌だから、今この記事読んでるんでしょ?

 

ムカつくと思うけど、ちょっと考えてみて!

んで、せっかくだから試してみて!

この時間を無駄にしないで!!!

 

アナタはどうやって情報発信したいんですか?

 

 

 

 

 

 

どうですか?

 

答え出ましたか?

 

ならその声の言うとおりに動いてみてはどうでしょう?

 

むしろその声のまま情報発信してみてはどうですか?

 

それがアナタの本当に言いたいことです。

 

 

もしかしたら読者が困惑するかも…

急に今までと情報発信スタイルが異なったら読者は困惑するかも…。

それで文句とか来たら…。

 

 

 

 

 

( *´艸`)プッ

 

 

今の時代面白いもんで、何やったって文句は言われるんです(笑)

逆に文句言われたらラッキーですよ。

ほとんど何も変わらずに終わったりするもんなんだから( ;∀;)

 

それにその人はしっかり見てくれたってことじゃないですか?

 

全然見てくれなかった人たちから、1人見てくれる人ができたんです。

もしもそれで共感者が出てきたら、超嬉しくないですか?

 

私だったらPCの前で

「よっしゃーーーーーーー!きたーーーーーーーー!!!」

とか叫びますね(笑)

そんだけこの作業孤独なんですわ(´・ω・`)

 

あとあと、どうせ、~かもって可能性に浸るなら、

不安要素よりもゴキゲン要素の方が良くないですか?

 

つまり

心の声の通りにやれば、もしかしたら反応よくなるかも!!

って考えてやってみてはどうでしょう。

ダメだったらやり直せばいいんですよ。

 

でもやれば、アナタの理想のアフィリエイターに一歩近づけるかもしれませんよ?

 

まとめ

正直アフィリエイトをやるには個性なんかなくったってできるんです。

読者のことを考えて必要な情報並べて、導線作って。

それはそれで楽しいかもしれないけど、もっと楽しみたいじゃないですか。

そうすれば今よりもっといい情報発信できるかもしれないし。

アフィリエイトをやってる人がたくさんいる今だからこそ、アナタ自身の言葉で語りかけてあげることが大事だと思います。

この記事が参考になれば嬉しいです(笑)