見出しの使い方

 

こんにちは、大地です。

見出しはデザインだけ見て決めている。

そんなアナタは要注意!

見出しにはちゃんとした使い方があるんです。

検索エンジンに評価されてないのはこれが原因かも!?

かくいう私も最近までミスってました…。

見出しを使う意味

見出しってどこの部分かって言うと、

ちょうどこの直前の部分↑

つまり『見出しを使う意味』ってところです。

 

ブログによってはデザインが凝っていて見ていて

羨ましくなります(笑)

個人的には目立ち過ぎずシュッとなってるのが好きです。

 

この見出しを使う意味は大きく分けて2つです。

『読者のため』と『検索エンジンのため』です。

 

読者のための見出し

読者のための見出しの役割は、本の目次タイトルみたいなもんです。

これからこの内容に関してのことを解説していきますよってことですね。

この記事の場合、今は『読者のための見出し』について書かれていますよと。

 

こうやって見出しを設定しておけば読者も

ブログの内容がスッと頭に入ってきやすくなります。

長い記事だとかなり効果的です。

読んでいる間に「アレ?何の話だったっけ?」とならなくて済みます。

だから見出しをつけておくのは親切だなぁと思います。

 

まぁ多くの人が当然のようにやっているので、

もう見出しづくりすら当然なのかもしれませんね。

 

検索エンジンのための見出し

続いては検索エンジンのための見出しの役割。

検索エンジンはアナタと同じように一から文章読んで

内容決めてるんじゃないですね。

 

この見出しを基に内容を見ています。

だから見出しがないと、検索エンジンはタイトルで

内容を判断するしかなくなってしまうわけです。

 

するとどんなに有益な情報が書いてあっても

埋もれてしまう可能性が高いわけです。

だからアナタの貴重な情報が埋もれてしまわないように

見出しはきっちりとつけておきましょう。

 

実際に検索上位に引っかかってくるサイトは

いずれもしっかりとした見出しをつけていますよ?

 

見出しには順番がある

さて、見出しがつけたくなってきたところで、

つける前の注意点です。

見出しには順番があります。

 

この部分はHTMLタグで言うと<h>タグと呼ばれています。

で、この<h>タグは<h1>~<h6>まであって

<h1>大見出し</h1>

  <h2>中見出し</h2>

    <h3>小見出し</h3>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

        <h5>h4より小さい見出し</h5>

          <h6>h5より小さい見出し</h6>

と入れ子人形みたいな感じに使っていきます。

 

正しく使うとこんな感じ

<h1>大見出し</h1>

  <h2>中見出し</h2>

    <h3>小見出し</h3>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

    <h3>小見出し</h3>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

    <h3>小見出し</h3>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

キレイに組み込まれていますね。

見た目がスッキリしていてカッコいいです。

で、検索エンジンもこういう構造の方が好きらしいのです。

だからこういう構造の方が検索エンジンに評価されると。

 

ちなみに<h1>はその記事のタイトルなので、

このタグは1記事で1回しか使えません。

が、Word Pressで記事更新をしている場合、

コチラで設定する必要はないので無視してOK!

 

で、<h2>タグ以下は入れ子人形の構造をとっていれば

何回使っても構いません。

 

ちなみに誤った使用例がコチラ↓

<h1>大見出し</h1>

    <h3>小見出し</h3>

        <h5>h4より小さい見出し</h5>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

    <h3>小見出し</h3>

      <h4>さらに小さい見出し</h4>

  <h2>中見出し</h2>

んんー!ガタガタな見出しです。

カッコ悪いです。

 

見出しのデザインがカッコいいからって

適当な見出し使っちゃダメです!

ここはキチンと守っておいた方が後のためですね。

 

見出しの設定方法

で、この見出しどっからいじれば出てくるのかってことですが、

Word Pressを使用しているなら、

記事投稿画面のビジュアル画面からいじれます。

 

太字とか斜体とかを設定できる欄の下にある

『段落』ってなってるとこをクリックすると、

そのテンプレートに設定されている見出しが出てきます。

 

これで今日からアナタも見出しマスターですね。

 

まとめ

今回は見出しの正しい使い方を解説しました!

せっかく見出し作れるんだからきっちりした見出しにしておきたいですよね。

そのためにも見出しの入れ子人形構造を忘れないようにしましょう。

私もわりと最近まで勘違いしていたところなので、

現在見出し修正祭りです(笑)