こんにちは、大地です。

せっかく記事を書いたのになぜか微塵もアクセスが集まらない。

そんなことありませんか?

それはひょっとするとアナタの記事がグーグルに認識されていないからかもしれません。

ここではグーグルに記事がインデックスされているかの確認方法とインデックス方法を解説します。

グーグルに記事がインデックスされているか確認する方法

アクセスされるためには、記事がグーグルに認識されていなければなりません。

グーグルに記事が認識されることを、インデックスされると言います。

他にもキャッシュされると言ったりもします。

 

グーグルにインデックスされていなければ、どんなに頑張って記事を書いてもアクセスは集まりません。

いわば記事が存在しない状態だからです。

存在しないものにアクセスを集めることはできません。

 

ではどうすれば記事がインデックスされているか確認できるのでしょうか?

その方法をまずは解説します。

まず通常の検索画面を開きます。

 

google

 

検索語句に『site:〇〇』と入力します。

〇〇の部分にアナタのサイトのURLを入力してください。

入力するURLは、『http://www.』を抜いた部分です。

 

これで検索ページにアナタの記事がきちんと表示されれば、ちゃんとインデックスされています。

表示されなければ、記事はまだグーグルに認識されていません。

 

グーグルに記事をインデックスする方法

もしアナタの書いた記事がインデックスされていなければ、インデックスしてもらいましょう。

インデックス方法を3つ紹介します。

 

1つは、すでにインデックスされている記事からインデックスされていない記事へリンクを貼ることです。

するとクローラーが巡回するための経路ができるので、早くインデックスされるようになります。

 

2つめは、サーチコンソールを使うことです。

サーチコンソールは、サイト運営のパフォーマンス向上を目的としたサービスです。

このサービスの中に記事のインデックス要請を送る機能があります。

サーチコンソールに関してはコチラを参考にしてください。

 

3つめは、Ping送信です。

これは2つめと役割は一緒です。

2つめの手法は直接グーグルにお願いする方法で、こっちは間接的にお願いする方法です。

Ping送信はコチラを参考にしてください。

 

まとめ

アクセスが全然なくてさみしい、困ったというときはインデックスされているか確認してみましょう!

せっかく記事を書いてもグーグルにインデックスされていなければ、存在しないのと同じです。

もしもインデックスされていないようであれば上記の解決法を一通り試してみましょう。

1週間もすれば登録されるようになるはずです。