こんばんは、大地です。

以前紹介したトラフィックエクスチェンジ、ほぼ邪道ともいえるアクセス集めです(笑)

しかし、残念ながらただ数字としてアクセス数が増えるだけでした…。

そこで今回は 確実に人が集まるコメント回り を紹介します。

コメント回りとは?

コメント回りとは、いろんな人のサイトにコメントを残していくことを言います。

最近ではすたれている風習のようですが、私は結構大事なことだなぁと思っています。

 

というのもネットの世界ってやっぱりさみしいじゃないですか。

一人で毎日黙々とPCに向かって作業して…。

しかも慣れないうちはどこ目指してるのか分からなくなるなんてこともあります。

そんなときに同じようなことをやっている人どうしで励まし合ったりしたら楽しいと思うんですよね。

だから私はコメント回りをしていきたいなぁと思っています。

 

コメント回りのご利益

コメント回りは主にコミュニケーションツールとして使っているわけですが、様々なご利益があります。

 

ブログランキングの順位が上がる

ブログランキングに登録しているなら、コメント回りをすることで順位を上げることができます

必ず上がるということはできませんが、協力してくれる人が中にはいます。

 

コメントを残す中で「応援ぽちっとしていきます」と一言添えていくのです。

すると応援された人の中からアナタを応援してくれる人が出てきます。

 

ちょっと嬉しいですよね(*’▽’)

全然知らない人でも応援してくれるって。

日常ってなんか冷めてますが、ネットを通しての人って結構あったかいなぁと思います

 

ブログ友達や仲間ができる!

同じジャンルの人とだと互いに情報交換や近況報告なんかができる友達や仲間ができます。

同じ道を歩いてきたからこそ分かる悩みや体験があるので、すぐに打ち解けることが出来ます。

 

コメント回りって初めはかなり勇気がいります。

まったく顔も知らない人に自分から声かけに行くなんて…。

「普段じゃ絶対考えられないよ!」って思いっちゃいます(笑)

が、この一歩の積み重ねが後々役に立つんですよね。

 

友達が増えれば、ブログを続けるモチベーションになります。

また確実にアクセスをしてもらえるので、アクセス数がアップします。

これは相手にもメリットなので、お互いのためになります。

 

「あの人も頑張ってるなら私も頑張らなくちゃ!」と思えてくるから不思議です。

気の合う人がいればそこから仲良くなれるので、日々どんどん楽しくなっていきますよ。

仲良くなってきたら質問や相談などしてみてもいいかもしれませんね。

 

コメント回りの約束事

いいことだらけのコメント回り、1つ約束事があります。

それは記事の内容に必ず触れることです。

記事の内容に触れずしてコメントをすることはかなり失礼です!

 

私は昔コレをやってしまいまして、運営者の方に怒られました…。

その方は非常に優しい方だったので、その後仲良くなれましたが。

実際にやられたことを考えてみれば分かりますよね。

 

アナタも記事を書いているので分かると思いますが、1記事の更新するのもかなり時間がかかりますよね。

私の場合は早くて30分、遅くて1時間ほどかかります。

これだけの時間を要して作った記事に対し、内容に触れることなく自分の用件だけ済ますのはどうでしょうか?

 

嫌ですよね?

 

記事は一種の作品だと思います。美術品と一緒なんです。

やはりそれに対してアナタなりの感想を持つのが、正しい接し方だと思います。

 

仮に失礼なことをしてしまったとしたら、そのときはきちんとお詫びをしましょう。

画面の向こうとはいえ、きちんと人が存在します。

たとえ顔を合わせなくても態度は伝わります。

 

コメント回りは時間がかかる

コメント回りってすごいことなんですが、結構時間かかるんですよ。

 

コメント一つするのに、記事を読みます。

加えてコメントするにあたって記事の読み直しや、コメントの表現のチェックもしなければいけません。

いずれも当然のことですが、1日に10人、20人とやっているとそれだけで結構な時間になります。

 

しかし時間をかけるだけの価値はあるので、決して無駄なことではありません。

これを機に積極的にコメントをしてみましょう。

もしよかったら私のこの記事にコメントを残してみてください(笑)

必ず目を通して返信させていただきます!

そしてアナタのブログにも足を運びますよ。

 

まとめ

コメント回りはトラフィックエクスチェンジと違って、ちゃんと意味のあるアクセスがもらえます。

ブログをたんに見られるだけでなく、しっかりアナタの記事を読んでもらうことができます。

運が良ければアナタの仲間もできます。

無機質な世界だけにほんのちょっとのことでも温かみを感じることができます。

今ちょっと辛いな、さみしいなって思っていたら私にコメントでもしてみてくださいね。