こんばんは、大地です。

「ping送信個別登録メンドクサイ!」

なんて思ってませんか?

実は数多くのツールが無料で提供されています。

どうせだったら 質のいいものを使いたい ですよね?

ping送信登録のおさらい

もし「ping送信って何だっけ?」という場合はこちらを参照してください。

 

ping送信は、普通pingサーバーのアドレス(URL)を個別で1個ずつ登録していきます。

なので、

  • どのpingサーバーを選ぶのか
  • 使えるpingサーバーはどれか

というのを気にしながら登録していかなければなりません。

 

これってかなりメンドクサイ

 

そこで便利なのが 無料ツール「PINGZONE」 です。

今流行りのSexy Zoneみたいですね(笑)

 

PINGZONEとは?

既に述べていますがping送信登録の負担を減らしてくれる無料ツールです。

どれぐらい減るか?

PINGZONEに登録すれば一括でping送信をしてくれます!

 

つまり、面倒な個別登録なしで一気に様々なpingサーバーへping送信してくれます。

送信先は以下の通りです。

 

pingzone 1

 

大手検索エンジンの Google, Yahoo!を始め、無料ブログで 有名なFC2ブログ、livedoorブログなどが送信先 です。

※現在Yahoo!はこのサービスを終了しています。なので送信しても失敗します…残念(´・ω・`)

このサービスは無料登録後一度設定すればずっと使えます。

 

PINGZONEがいい2つの理由

類似の無料ツールにPINGOOというのがありますが、私はあえてPINGZONEを推します。

理由は大きく2つあります。

 

ずっと無料で使える!

PINGOOも無料ツールではあるのですが、 有料プランが存在 します。

万が一にでもミスって有料登録したくないですよね。

当然ながら有料プランの方がグレードは上です。

なのでどうしても上と比較してしまいがちなのが、初心者というものです。

 

「ちょっとお金を出せばもっといいサービスじゃん!」

 

と思ってどんどんお金を消費しかねない!

だからこそ、 無料版しかないPINGZONE をオススメします。

お金は有限です。適切に使いましょう。

 

Ping送信先が既に決まっている

PINGZONEでは先ほど示したように、すでにping送信先が決まっています。

なのでわざわざ 送信先を選ぶ手間がかかりません

これはよく分からない初心者には非常に助かる機能です。

 

「どれが使えてどれが使えなくて…だからここをああしてこうして…」

 

大変ですよね?

 

これはこれで勉強になるからぜひ体験してもらいたいわけですが、

ちゃちゃっとできることはちゃちゃっと済ませてしまいましょう!

 

対してPINGOOでは個別で設定する必要があるようです。

このため結局自分で送信先を選択しなければいけません。

 

また送信先は決まっていますが、自分で任意に送信先の追加もできます。

送信に失敗しているところで直せる部分があれば、自分で改善することも可能なのです。

 

PINGZONEの登録方法と使いかた【図解】

では最後にPINGZONEの登録方法と使い方を解説します。

 

登録方法

① まずはPINGZONEにアクセス

 

② 無料会員登録をクリック

pingzone 2

 

③ 会員仮登録のため、メールアドレスを入力

pingzone 3

 

すぐにメールがメールBOXに届きます。

開封して本文のURLをクリックします。

すると、会員登録ページへ飛びます。

 

④ 必要事項を記入し、登録をクリック

pingzone 4

 

その後確認画面が表示されます。

間違いがないか確認し、再度登録をクリック。

 

以上で会員登録は完了です。

 

使い方

登録しただけではまだping送信されないので、設定まで行います。

まずは自サイトを登録しましょう。

 

① マイページをクリック

pingzone 5

 

② ブログ追加から自サイトのURLを入力し、追加をクリック

pingzone 6

 

これで自サイトが認識されました。

念のためタイトルに間違いがないか確認してください。

 

続いて自サイトの管理画面で操作します。

 

③ ping送信先登録に http://www.pingzone.jp/ping.php を入力し、登録

 

Word Pressであれば

 

ダッシュボード ⇒ 設定 ⇒ 投稿設定 ⇒ 更新情報サービス

 

から登録できます。

 

以上で設定完了です。

これで記事を更新するとPINGZONEから他のサーバーへping送信されます。

 

まとめ

今回はping送信を楽にできる無料ツールPINGZONEを紹介しました!

PINGZONEなら

  • 初心者にわかりづらいping送信を自動でやってくれる
  • なかなか見つからない送信先をたくさん持っている

などの利点があります。

これを機にぜひ使ってみてください。