こんばんは、大地です。

アフィリエイトを始めたばかりだと、とにかく報酬を出すことに躍起になりがちです。

それなのにどの程度やればいいのかが全く分かりません。

まさに暗闇の中を手探りで歩いているような状態ですね。

そこで一つの目安にしたいのが記事数です。

残念ながらこの記事数の記事を書けば必ず売れるというわけではありません。

運営するサイトの大きさによって必要な記事数は変わってきます。

そこで今回は運営サイトの規模別に必要な記事数を紹介していきます。

大型サイトを作りたいなら

「とにかく多くの情報量で勝負をしたい、する予定」なら大型サイトを目指しましょう。

一般にパワーサイトと言われるサイト作りです。

このスタイルは、ある一つのテーマについて大量の情報を保有していきます。

このためターゲットをきちんと絞っていけばかなり稼ぎやすいサイトが構築されます。

 

そこで目指す記事数は、100記事を目指しましょう。

毎日1記事更新を続けていけばたったの3ヶ月余りで立派なサイトが出来上がります。

毎日2記事なら1ヶ月半で100記事達成です。

 

ちなみに100記事書くメリットは、検索でサイトがひっかかる確率が上がることです。

100記事も一つのテーマで書いていれば、何かしらは検索にヒットします。

そこから他の記事も読んでもらえるように導線をつなげていけばサイト全体を宣伝できます。

 

また、100記事あるサイトは見た目のインパクトがすごいです。

初心者から見ると大抵の人はビビります。

 

「こんなのあるんじゃ太刀打ちできないよ…」

 

こう思わせたらある意味ラッキーです(笑)

自分の努力?でライバルが減るわけですからね。

 

小型サイトで勝負するなら

こちらは上記とは逆に、少ない記事数で売り上げを上げたい方が目指すスタイルです。

「とにかく世間の流れに合わせて最新の情報をどんどん出すぞ!」というスタンスで取り組みます。

 

目指す記事数は、15記事で構いません。

その代わり『キーワード選定』が命がけです。

 

最新の情報なので、狙っている人も多いです。

その中で検索上位にヒットしてこないとせっかくの労力が水の泡に。

『キーワード選定』は誰しも必ずやることですが、特に厳しいです。

 

そして、記事数が少ない分ブームが過ぎるとすぐに廃れていきます。

すると次のブームを見つけないといけません。

このため複数のサイト運営が基本になります。

 

スピーディに仕事したい人にはオススメです。

 

まとめ

今回はスタイル別に目安にしたい記事数をまとめてみました。

どちらにもメリットデメリットがあるので、自分が目指したいスタイルに取り組みましょう。

続けていくうちにいろいろ見えてきます。

そのためにもまずは稼ぎに関係なくても記事を書く癖をつけましょう。