こんばんは、大地です。

情報発信をしていると「この人みたいな分かりやすい文章書きたいなぁ」って思うことありませんか?

私は常々考えています(笑)

そこで今回は私が普段意識している分かりやすい文章を書くコツを紹介します。

分かりやすい文章とは?

それでは分かりやすい文章を書くために、分かりやすい文章がなんであるかをまずは考えてみます。

私は分かりやすい文章とは、『伝えたいことが明確な文章』だと思います。

 

何事も大事なことは、相手に伝わることだと思います。

アフィリエイトに絞っていうならば、「商品を買って欲しい!」という意思を伝えることではありませんよ?

まぁ確かに買って欲しいのが伝えたいことではありますが(笑)

 

「なぜ買って欲しいのか?」って方がホントに伝えたいことではないでしょうか?

「この商品はこんだけいいとこがあってだから買って欲しい!」ってことです。

稼いでいるアフィリエイターはこれが非常に上手です。

 

では、どうすれば伝えたいことが明確になるのでしょうか?

 

伝えたいことを1つに決める

伝えたいことを明確にする最も簡単な方法が内容を絞ることです。

伝えたいことは1つにしましょう!

 

この記事であれば「分かりやすい文章とは、伝えたいことが明確な文章だ」が伝えたいことです。

なので、「どうすれば伝えたいことが明確になるか?」を補って1つの記事をしています。

 

伝えたいことを絞るというのは実は基本的なことで、1記事1テーマの原則と言われています。

伝えたいことがいくつもある場合は、記事を分けましょう。

そのほうが伝えたいことはしっかり伝わります。

しかも運営ブログも大きくなります(笑)

 

ターゲットを決める

内容を絞ったらアナタの書く記事を 誰に読んで欲しいか を決めます。

人を絞ることで、その人に必要な情報が驚くほど明確に見えてくるものです。

 

例えば、温泉をテーマに説明します。

伝えたいのは長野県のオススメの温泉としましょう。

すると、どんな人が 温泉に行くのかでオススメできるものって分かれてきませんか?

 

もし一人旅ならいきなり行っても入れるような温泉がいいですよね。

私なら比較的アクセスしやすくて、そこまで人気がないところをオススメしたいです(笑)

 

もしカップルなら二人きりをゆっくり楽しめるような落ち着いた雰囲気の温泉がいいです。

夜景が綺麗とか、部屋にも温泉があるとか、ご飯が美味しいとか二人の時間をゆっくり過ごせるとこをオススメしたいです。

 

もし家族旅なら温泉の周りに観光スポットがあったりすると、みんなで楽しめますよね。

このように人が決まるだけで紹介したい内容変わりますよね。

 

また人が決まってくれば交通手段も視野に入れる必要がありますね。

公共交通機関、車、自転車、徒歩というように4種類はあります。

車のない人に遠くの温泉はオススメできませんよね?

逆に狭い道ばっかりのところを車持ちの人に紹介できません。

紹介するとしたら、最寄りの駐車場を示す必要があります。

 

ターゲットが決まればおのずと欲しそうな情報が次々と出てきます。

伝えたいことを決めたら、人も意識してみましょう。

 

構成を考える

内容も決まって伝えたい人も決まったら、次は構成を考えましょう。

伝えたいことが明確な文章は総じてしっかりとした構成ができています。

 

特に長編の小説や物語文なんかを思い浮かべると分かりやすいはずです。

まずはストーリーの導入があって、主人公たちが登場します。

そして突如として障害が出てきます。

最後にみんなで協力して障害を乗り越え、物語は終わります。

 

これはあくまでひどい例ですけど、

いきなり障害でてきたところから始まって、キャラクター紹介があって、物語終了、ストーリーの導入だったら気持ち悪くないですか?

もしかしたらその構成の方がウケるのもあるかもしれませんが…。

最近いろんな漫画ありますからね。

 

でもやっぱり面白い物語ってテンポいいですよね。

そのテンポの良さが構成です。

代表的な文章の構成方法は 「起承転結」 です。

 

「起」…設定の説明、いわゆる導入部分、問題提起などが当てはまる

「承」…場面の展開・事件発生、話の転換点(物語だとここでグッとひきこまれるところ)、現状放置による問題点の提示などが当てはまる

「転」…問題の解決、解決案の提示などが当てはまる

「結」…その結果、未来像などが当てはまる

 

これを踏まえて上記の文をもう一回…

まずはストーリーの導入があって、主人公たちが登場します。(起)

そして突如として障害が出てきます。(承)

最後にみんなで協力して障害を乗り越え(転)、物語は終わります。(結)

 

というようにきちんと起承転結の流れに乗っています。

流れがあると人は引き込まれるように、文章を読んでしまいます。

是非流れのある文章を書けるような構成を目指しましょう。

 

まとめ

今回は分かりやすい文章を書くために意識したいことをまとめてみました!

これらの内のどれが欠けても、本当の意味での分かりやすい文章にはなりません。

アナタが思う分かりやすい文章作りに活かしていただければ嬉しいです。