こんにちは、大地です。

「サイトマップが作りたい!でもどうやって作っていいか分からない!」

一から全部自分で作るのは大変すぎます。

そんなときはWPのプラグインを利用しましょう!

 

サイトマップを作った方がいい理由

私はサイトマップを作った方がいいと思っています。

理由はSEO的な要素以外で、大きく分けて2つあります。

『アナタのため』『私のため』です。

 

『アナタのため』のサイトマップ

理由の1つは『アナタのため』です

アナタはこうして今私のブログを読んでくれていますよね。

もしこの記事が役立っていたら、「他にも役立ちそうな記事ないかな?」って探したくなるハズ。

もしくは「コイツ全然使えねー。他にどんなクソ記事書いてんのかな~」とか言いいながらちょっと探したりするハズ。

できれば前者の方であって欲しいと思いますが、そこはアナタの受け取り方次第…。

 

このように私から『アナタ』へ「私のブログにはこんな記事ありますよ!」と紹介するのがサイトマップの1つの役割です。

例えるなら、ファミレス行ったときのメニューですね。

メニューを見ればそのファミレスにどんなメニューがあるかすぐにわかります。

パスタがあったり、サラダがあったり、ハンバーグだったり、ステーキだったり、デザートだったりとある程度まとまりをもって掲載していますよね。

そんな感じでサイトマップは『アナタ』のために用意しているんです!

 

 

『私』のためのサイトマップ

もう1つは運営者のため、つまり『私』のためです。

これはサイトマップがあれば『私』はどんなコンテンツがあるのか把握しやすくなります

 

「前にどんな記事書いたっけ?」とか「こういう記事書きたいけど、書いたような書いてないような…?」とかの『情報の重複を防ぐ』ためのチェックに使えます。

ブログ運営が長くなってくるとこういうことがしょっちゅうあります!

 

その他にも「このジャンルに関する情報ってどれくらいあったっけ?」などの『情報の偏り』もチェックすることができます

このカテゴリ・ジャンルだけやたら情報が多いor少ないなどが一目でわかります。

そうすれば少ないジャンルは情報を追加しやすいし、多いジャンルは情報をまとめることもできます。

 

『私』のためのサイトマップ作りは部屋の片づけみたいなもんです。

最近TVで得た片付けの知識ですが、片付けをするときまず初めにやるのは『モノを全部出す』ことです。

とにかく一度すべてのモノを出して、それから必要なものだけを戻していく。

こうすることで必要なものだけを残すことができます。

 

大事なのは最初の『全体像の把握』です。

どれだけのモノが今ここにあるのか、それをまず知ることが重要なんです。

サイトマップも同じで、『私』が『私のサイト』を知るために用意するんです。

そうすれば『アナタ』がホントに欲しい情報を増やすことができます。

ん?結局『アナタ』のためになってしまいましたね(笑)

 

 

サイトマップが自動で作れるプラグイン 『PS Auto Sitemap』

それではサイトマップが作れるプラグインを紹介します。

その名も『PS Auto Sitemap』。

こんな感じのサイトマップが自動で簡単にできます。

 

サイトマップ 作成例

 

このプラグインは、『自動で簡単な』だけでなく『デザインが豊富』です!

とりあえず4種類並べてみると、こんな感じ。

 

サイトマップ 見本

 

シンプルなものから、可愛らしいものまで実に14種類のデザインが選べます。

デザインにこだわりたい人にはオススメです。

 

『PS Auto Sitemap』の導入方法

 

それでは『PS Auto Sitemap』の導入方法を解説します。

 

1.WPダッシュボードから『プラグイン』⇒『新規追加』をクリック。

 

2.検索欄に『PS Auto』を入力し、『今すぐインストール』をクリック。

 

PS Auto Sitemap

 

3.『プラグイン』⇒『インストール済みプラグイン』から『有効化』

PS Auto Sitemap 有効化

 

ここまでで無事プラグインが使えるようになりました。

 

『PS Auto Sitemap』の初期設定

 

続いてはプラグインの初期設定をしていきます。

 

1.『設定』⇒『PS Auto Sitemap』をクリック

PS Auto Sitemap 編集

 

2.画面を下にスクロールし、ご利用方法内の『コード』をコピー

PS Auto Sitemap 利用方法

 

3.サイトマップを表示したい記事の『テキスト』にペースト

今回は試しに『固定ページ』に作ってみます。

『固定ページ』⇒『新規追加』から新しい固定ページを用意します。

画像のように『テキスト』に先ほどのコードをペーストします。

 

固定ページ サイトマップ

 

4.URL内の『post=~』をメモしておく。

post確認

 

図の場合は519をメモ!

ここまでで一度、『下書きを保存』もしくは『公開』しておきましょう。

 

5.再び『設定』⇒『PS Auto Sitemap』をクリック

 

6.先ほどの『post=~』の~を『サイトマップを表示する記事』に入力

サイトマップ詳細設定

 

7.『スタイルの変更』から好みのスタイルを選び、『変更を保存』する

 

以上で初期設定は完了です!

お疲れさまでした。

 

まとめ

サイトマップはSEO的には内部リンクを増やすので、SEO的に有効な施策です。

しかし、それ以外にも導入しておきたい理由があります。

それは『アナタ』が記事を探しやすくするためと、『私』が記事を把握しやすくするためです。

これらを踏まえてサイトマップを作るなら、PS Auto Sitemapがオススメです。

まだサイトマップがないなら、これを機に作ってみてください。